女は強い男が好き?

モテる男=強い男

というイメージを抱いている男性が
ごく一部、世の中にはいるみたいです。

もしかしたら、あなたもそうですか^^?

ただ、モテるために、必ずしも強くなければいけないのか?

この疑問についてお答えしていこうと思います。


強さの定義と勘違い



“強さ”の定義をハッキリさせないことには、
正解が出てきませんので、定義づけと、
よくある勘違いについてお伝えしていこうと思います。


1.喧嘩が強い男がモテるわけではない



強い男と言うと、よく、喧嘩が強い男のことを想像する人がいます。


ですが、喧嘩が強くてモテるのはせいぜい、中学生までです。


高校生になれば、イケメンや、
スポーツができる男がモテますし、


社会人になれば、一緒にいても疲れない男、
楽しい男、経済力のある男がモテます。


ですので、喧嘩の強さなど、モテる要素に
微塵も関係なかったりします。


(悪い育ち方をした男は、根性があることは多いので、ここぞという時に逃げずに立ち向かえることが多いです。
 そういう人間性が好きだという女性は多いです)


この勘違いは、特に、今まで勉強ばかりしてきたような方に多いです。

強い男に対して、強い憧れを持っているのだと思いますが、
自分に足りないものを持っている男は、
魅力的に見えてしまうものです。



ですが、憧れとは言い換えれば盲目です。


真実ではないのです。


ですので、モテるための正しい方法を
知りたいなら、憧れというフィルターを外さないと
真実を見極められないわけです。



2.精神的に大人だったり、女の子を支えられる男が強い男だと思われる



強さに対しての勘違いを理解してもらった上で
正しいモテる強さについてお話します。


モテるための強さとは、精神的な強さのことです。


女の子が、支えて欲しいと思っている時、
甘えたいと思っている時、そばにいてあげたり、
勇気付けてあげたりできる男のことです。


言ってみれば、考え方が大人な男のことですね。


あなたの周りにも、頼りがいのある先輩や上司、友達などいませんか?


本当に困っている時に頼れる同性は、
やはり、女性からもモテます。


強さの定義を間違えたままTAVを勉強すると痛い男になる



今回、このテーマを取り上げたのは、
間違えた思考を持ったまま、TAVを実践されている方が
いらっしゃったからです。


まあ、ここに関しては、ただ、TAVを
売りたいだけの人の変なレビューのせいかなと思います。



例えば、


TAVでは、女性に媚びたり、顔色をうかがったり、機嫌を取ったり、という女性を中心に置いた行動はとりません。むしろ、男としての自己を確立し、女性の方から惚れさせるようなノウハウです。
女性は強い男が好きだということです。



こんな曖昧な表現を使い、TAVを紹介している人がいます。


ここを勘違いすると、

媚びない男⇒自己主張ばかりする男
顔色を伺わない⇒空気を読まない
機嫌をとらない⇒楽しまる気持ちがない

ということになり、痛い男の誕生です。


たしかに、モテる上で、媚びないことや
妙に顔色を伺わないほうが良いことは事実です。


ただ、ここだけを意識しすぎると、
話をしてても超つまらない男になってしまうんですね。


ですので、上記のような表現を使い、TAVを紹介している人は、
TAVで本質を知っただの言ってますが、TAVの本質自体、全く理解できてない
と言って良いでしょう。


そもそも論を暴露すると、教材のレビューをしている人で
恋愛がちゃんとできる人って滅多にいません。



恋愛教材の分野は特に酷いです。



ただ、売れ安い教材を自分のサイトから買って欲しいだけです。


まとめ


喧嘩が強くならないといけなかったり、
オラオラ系な態度が強さではないということは理解してください。

表面的な態度だけ強そうにしても、ただの痛い男です。

内面的に大人な男を目指し、女の子の前ではとにかく、
楽しい男で有り続けることが何より重要。

メニュー


■TAV特別特典【覚醒の法】のとは?

■TAV特別特典【覚醒の法】のご感想

■ 優良ナンパ教材一覧

■出会い量産する恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ


TAVと相性抜群!おススメ教材厳選

クラブナンパプロジェクト 藤村勇気の女を落とす携帯メール術 ドM美女完全覚醒術
エッチなギャルを大量ゲットできます! 会う前にLINEで落とす極意 女を依存させるセックステクニック
レビューと特典案内 レビューと特典案内 レビューと特典案内

オススメ教材




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ